金融経済ブログ http://www.sleepwellguru.com Mon, 02 May 2016 07:38:38 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 投資初心者の第一歩はいつ? http://www.sleepwellguru.com/2015/10/16/article-20151016/ http://www.sleepwellguru.com/2015/10/16/article-20151016/#comments Thu, 15 Oct 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2015/10/16/article-20151016/ 投資初心者に取って、株式投資というのはなにか恐ろしいもののように考えられがちです。確かに株式投資はやり方によっては膨大なリスクを生み出す性質を持っています。例えばショート取引(売り注文)から入る取引を行った場合、失敗した際のリスクは青天井に大きくなるため、最悪すべての財産を手放すようなことになってしまいます。ただ、これはあくまでも危険な取引に自分から足を突っ込んだ場合で、リスクを抑えた取引であればこのようなことは起こりません。

株式投資を初めるのには、タイミングというのも重要になります。株式相場の変動の状況によって、成果を上げやすい相場の時とそうでない時があるためです。例えばここ数年なら、リーマンショック直後から政権交代までの間は成果を上げにくいタイミングでした。乱高下が起こる市場になっていたためです。その後、再びの政権交代からアベノミクスの実施により相場は上昇に安定している状況で、現在は投資が行い易い状況となっています。

株式投資初心者が一緒に読みたいコンテンツはこちらにもあります。こちらでも同じく株取引を初めるのに適切なタイミングについて考察がされています。円相場の動きや株式相場の動きなどに注目して判断をするのが良いでしょう。

]]>
http://www.sleepwellguru.com/2015/10/16/article-20151016/feed/ 0
今すぐにでも始めたい老後資金づくり http://www.sleepwellguru.com/2015/06/20/article-20150620/ http://www.sleepwellguru.com/2015/06/20/article-20150620/#comments Fri, 19 Jun 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2015/06/20/article-20150620/ 定年退職後の老後資金を働く現役時代にいかに用意できるか、というのは最近では、大変大きなテーマとなっています。

一般的な生活を営む夫婦の1ヶ月あたりの生活資金は27.7万円とされていますが、夫婦で受給できる年金は夫・妻ともに厚生年金の場合年金の受給額が32.8万円で黒字ですが、夫と妻がどちらかが国民年金のみの場合は年金の受給額が23.0万円だったり、夫と妻のどちらも国民年金の場合は13.2万円と、どちらも赤字という計算になっています。

また、夫婦の寿命を85歳と考えた時に1ヶ月27.7万円で計算すると60歳から25年間で8,310万円の生活資金が必要とされます。最も一般的なスタイルである夫が厚生年金、妻が国民年金だった場合のことを考えると2,790万円の不足となります。
さらにこの生活資金は最低限の生活費で、この上にレジャー費用や住宅リフォーム、お子さんへの援助、葬儀代などを加えると3,000万円以上が上乗せされるので、85歳までの寿命と想定しても1億円ほどの生活費がかかると言われています。

老後資金づくりは若いうちからと言われていますが、もはや早ければ早いほどちょうど良く、むしろ今すぐにも動き出す必要があるのです。

]]>
http://www.sleepwellguru.com/2015/06/20/article-20150620/feed/ 0
生命保険の2つのタイプ http://www.sleepwellguru.com/2015/05/04/article-20150504/ http://www.sleepwellguru.com/2015/05/04/article-20150504/#comments Sun, 03 May 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2015/05/04/article-20150504/ 皆さん生命保険には入っていらっしゃいますでしょうか?生命保険はいざという時のためのセーフティネットとして高い効果を持っており、多くの人が加入している保険ではないかと思います。ただ、一口に生命保険と言ってもその種類は多岐にわたっています。まずどこの保険会社の保険であるのかということでも違いますし、同社の保険であってもいくつかのプランというものがあり、いずれのプランを利用しているのかによっても違いがあるわけです。

生命保険は大きく2つの種類に分類することができます。一つは、掛け捨てと呼ばれるタイプで、もう一つは貯蓄型と呼ばれるタイプです。この2つは生命保険であるという点においては同一であるものの、考えかたが根本的に違っています。
掛け捨ての保険というのは、まさに保険のためだけの保険です。意味が分かりにくいかも知れませんが、保険としての機能だけしか持っていません。例えば一定年数について保険利用をせずに安全に生活した場合に返戻金が発生する、といったシステムはないということです。

対して貯蓄型保険は生命保険としての役割に加えて、資産形成としての役割を併任しています。無傷で過ごせば、返戻金によって保険料が戻ってくるのです。

]]>
http://www.sleepwellguru.com/2015/05/04/article-20150504/feed/ 0
インデックス投資を行う上での基本姿勢 http://www.sleepwellguru.com/2015/02/28/article-20150228/ http://www.sleepwellguru.com/2015/02/28/article-20150228/#comments Fri, 27 Feb 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2015/02/28/article-20150228/ リターンを見越した資産配分を考えることは、色々な投資の手法で大切です。特にリターン率を高くしたいと願っているのであれば、資産の使い道についてを熟考すべきです。理想はリターンを高くすると共に、投じる資産それぞれのリスクが下げられるのが魅力的です。

インデックス投資を行う上で、複数の資産を組み合わせてポートフォリオを形成する場合には、過去のデータから見込みを換算するのが必要になります。闇雲に資産を投じたとしても、意義のある資産拡大には繋がりません。逆に、じっくり検証しながら自分の行動を決めることによって、初心者であっても確実に利益を重ねることができる環境が見えてきます。

いくつもの組み合わせを考えつつ、効率の良い資産拡大ができるようになれば、少ない資産であっても元手を大きくするまでの期間を短くすることができるようになります。無駄なリスクを避けることこそ、今後の投資人生を大きく左右します。リターンの水準を比較することによって、時系列でどれだけの魅力が見込めるかがわかります。

リスクを大きくしたくないのは誰もが考えている事項ですが、投資を行う場合には全くリスクが存在しないということはありません。但し、リスクが発生しないようなタイミングを図ることができるのは確かです。だからこそ、組み合せとタイミングはインデックス投資を攻略する上でも重要なポイントとなるのです。

]]>
http://www.sleepwellguru.com/2015/02/28/article-20150228/feed/ 0
確定拠出年金の効果とは http://www.sleepwellguru.com/2015/01/25/article-20150125/ http://www.sleepwellguru.com/2015/01/25/article-20150125/#comments Sat, 24 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2015/01/25/article-20150125/ 日本は、公的年金不安が高まるようになっています。この状態では老後の生活にゆとりが持てるとはいえるものでなく、ますます将来を不安にさせるものとなっているのです。

公的年金では、将来、少子高齢化の影響によって支給金額が減らされるようになり、受給年齢も増えるといわれています。そこで、日本では公的年金のほかに将来必要となる資金を作る必要があるとされているといってよいでしょう。

企業に勤める人を対象とした確定拠出年金が導入されるようになってからは、年金への安心感が得られるようになっているそうです。

いま確定拠出年金は、多くの人から年金不安を解消する手段として注目されるようになり、企業が負担して支払う年金は歓迎されるようになっているようです。この年金制度は、公的年金に期待できなくなってくる将来において安心できるものです。また、確定拠出年金においては、退職後の生活や老後の生活資金を形成するには最適な年金とされるようになっていることから、これからは多くの企業においても導入されることが好ましいとされています。

この負担の少ない年金制度の導入が広まると、より安心できる老後が期待できるようになる効果的な年金となるのです。

確定拠出年金については以下のコラムが詳しいです。
「確定拠出年金の基礎的な運用方法」http://www.techsual.com/

]]>
http://www.sleepwellguru.com/2015/01/25/article-20150125/feed/ 0
複利の効果はどんなメリット? http://www.sleepwellguru.com/2015/01/14/article-20150114/ http://www.sleepwellguru.com/2015/01/14/article-20150114/#comments Tue, 13 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2015/01/14/article-20150114/ リスクを気にせず短期集中型に利益を増やしたいのならともかく、リスクを気にして投資をするなら長期的な視点で利益を増やしていこうと考えて投資をする方が良いでしょう。日本人投資家の多くはリスクを嫌う傾向にあります。そのため、リスクを抑えるために購入した投資商品は長期的に保有してじっくり利益を増やしています。

長期保有して利益を増やす投資商品の代表格が投信積立です。投信積立を購入したことのある方もいらっしゃると思いますが、投信積立の良いところは分配金が自動的に再投資される仕組みになっています。分配金が出ると同時に再投資のための資金となり、元金に利息もプラスした金額が再投資の元金になります。増えた元金に対して年々利息が付く形になりますので、長期積立を行うことで複利効果をどんどん実感することができます。

たとえば10,000円積立し、リターン年率を5%とした際に翌年は10,500円になりますが、単利の場合は翌年に投資をしようとした際に10,000円がに利息がまたつく形になりますが、複利の場合は10,500円に対して利息がつきます。これを繰返されますので、長期間の運用でどんどん利益が膨らんでくるのです。

]]>
http://www.sleepwellguru.com/2015/01/14/article-20150114/feed/ 0
資産運用の方法は間違えないように http://www.sleepwellguru.com/2014/12/09/article-20141209/ http://www.sleepwellguru.com/2014/12/09/article-20141209/#comments Mon, 08 Dec 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2014/12/09/article-20141209/ 投資をしていく際に大きな目的となるのが資産を形成していくことになります。
しかし投資をしていく際の資産形成をしていく場合、既にある資産を運用していく必要が出てきます。

資産運用に失敗をしてしまえば、資産形成は当然できなくなり、資産がなくなるだけでなく、大きくマイナスになってしまうリスクもあります。
資産運用というのはとても難しいものであり、何も知識がない人がいきなりできることはありません。
資産運用のための方法というのはいくつかあるのですが、自分にあった方法を選択し、探していくことが必要になるでしょう。
資産運用の方法は、資産の額などによって方法を変えていく必要があります。
方法を間違えてしまうと、リスクばかりが増えていき、利益を大きくしていくことは極端に難しくなってしまうでしょう。
時にギャンブルのようになってしまう場合もあると言えます。

ギャンブルのようになってしまえば、資産運用というのはとても難しくなるだけでなく、利益が出てきたとしても不安定さが大きく、いつどのような状況で、資産を失ってしまうのかがわからなくなります。
生活をしていく上でも、非常に大きなストレスを抱えてしまうことにもなるでしょう。

]]>
http://www.sleepwellguru.com/2014/12/09/article-20141209/feed/ 0
間違ったお金の知識もっていませんか http://www.sleepwellguru.com/2014/11/20/article-20141120/ http://www.sleepwellguru.com/2014/11/20/article-20141120/#comments Wed, 19 Nov 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2014/11/20/article-20141120/ 2014年からスタートした非課税制度「NISA」。すでに、知っているという人も多いかもしれませんね。景気があまりよくない日本ですが、市場には活気があり、NISAの制度がスタートしたことで、さらに追い風がふくと予想されています。その背景として、投資が少額からはじめられるという点あるようです。また、スマートフォンの普及で、市場の情報がすぐに手に入りやすく、取引もスムーズにできるようになった環境も、投資人気を加速させているようです。

しかし、投資にはリスクがあるということを忘れてはいけません。一昔前は、投資はギャンブルのように扱われ、投資で得た利益はあまりいいイメージがありませんでした。そうはいっても、投資とは正当にお金を手にする方法のひとつです。正しく、投資について理解することで、リスクも回避することができます。

冒頭で話したNISAについては、非課税という言葉に踊らされてすぐ飛びつくのは危険という考えをもつことで、ローリスクの運営をすることができますね。もちろん、NISAを正しく利用すればたくさんのメリットがありますので、この機会にNISAについて理解を深めて、より良い投資ライフを楽しんでください。

NISAを利用する前に十分な情報収集をしておきましょう。
NISAの最新ニュースはこちらから

]]>
http://www.sleepwellguru.com/2014/11/20/article-20141120/feed/ 0
マンション経営でハッピーライフ http://www.sleepwellguru.com/2014/11/06/article-20141106/ http://www.sleepwellguru.com/2014/11/06/article-20141106/#comments Wed, 05 Nov 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2014/11/06/article-20141106/ お金が溢れる時代。お金が全ての価値を決め、お金が人を幸せにも不幸にもするかのように皆思っています。欲しいものは、お金があれば何でも手に入るという残酷な経済だからこそ、お金に振り回されないように気をつける必要があります。

お金の価値をつけるのは、需要と供給のバランスがとれているからです。どちらかが、バランスを崩すだけでお金の価値は一瞬でなくなります。もともと、ただの紙幣なのですからお金自体には価値はないのです。

つまり、資産とはお金だけをもっているのでは、将来何も保証してくれないのです。安定した、価値あるものが不動産です。特に、マンション経営は、たくさんのメリットがあります。なぜなら、マンションを必要としている需要はいつの時代もあるので、そのニーズに答えたマンション経営をすることで成功を収めること間違いなしです。

万が一、マンションの価値が下がった場合は、売買をすることもできるというメリットもあります。また、マンション経営をはじめる資金も少額からスタートできるようになっているので、生活に無理なく始めることができます。

マンション経営は、貸しても借りても幸せになる要素がたくさんあるので、是非始めてみてくださいね。

]]>
http://www.sleepwellguru.com/2014/11/06/article-20141106/feed/ 0
バブル崩壊からの立ち直りの兆し http://www.sleepwellguru.com/2014/10/28/article-20141028/ http://www.sleepwellguru.com/2014/10/28/article-20141028/#comments Mon, 27 Oct 2014 06:00:00 +0000 admin http://wp06.server9/sleepwellguru-com/2014/10/28/article-20141028/ 不動産投資について、皆さんはどのように考えているでしょうか?海外に比べて、日本国内における不動産投資へのイメージというのはかなり悪いということができます。その理由には大きく2つのことが考えられるでしょう。

一つは、30年前に崩壊したバブルの影響です。バブル経済は元々不動産の高騰から始まったものであったため、最終的なバブル崩壊の原因を不動産投資に見ている人が多いことがあげられるでしょう。

しかし、これは正確ではありません。そもそもバブルが発生した原因は政治と金融機関の暴走です。そのため、不動産投資自体が問題だったわけではありません。ただ、結果的にバブルは崩壊し、日本がデフレに陥ったことにより、不動産は持っておくと価値が上がるものから、下がるものに変わってしまいました。これが実質的に不動産投資に対するイメージを悪化させる最大因となっています。

しかし、その動向にも変化の兆しが見え始めています。2013年に日本はようやく長く続いたデフレからの脱却を宣言しており、小さなインフレに転じたとされています。インフレというのは日常生活には良くないことのようですが、投資家にとってはプラスの効果が大きいものであり、不動産投資もこの例外ではありません。

関連する記事はこのリンクをご覧ください。
日本の金融サービスに変革を起こしたい人は必見!ヘッジファンドダイレクト

]]>
http://www.sleepwellguru.com/article-20141028/feed/ 0