WP Strict Logotype
 Posts  Comments
Put whatever you like here. Header does not expand. Edit this text in index.php.

Theme: WP Strict
Author: Peter From

定年退職後の老後資金を働く現役時代にいかに用意できるか、というのは最近では、大変大きなテーマとなっています。 一般的な生活を営む夫婦の1ヶ月あたりの生活資金は27.7万円とされていますが、夫婦で受給できる年金は夫・妻ともに厚生年金の場合年金の受給額が32.8万円で黒字ですが、夫と妻がどちらかが国民年金のみの場合は年金の受給額が23.0万円だったり、夫と妻のどちらも国民年金の場合は13.2万円と、どちらも赤字という計算になっています。 また、夫婦の寿命を85歳と考えた時に1ヶ月27.7万円で計算すると60歳から25年間で8,310万円の生活資金が必要とされます。最も一般的なスタイルである夫が厚生年金、妻が国民年金だった場合のことを考えると2,790万円の不足となります。さらにこの生活資金は最低限の生活費で、この上にレジャー費用や住宅リフォーム、お子さんへの援助、葬儀代などを加えると3,000万円以上が上乗せされるので、85歳までの寿命と想定しても1億円ほどの生活費がかかると言われています。 老後資金づくりは若いうちからと言われていますが、もはや早ければ早いほどちょうど良く、むしろ今すぐにも動き出す必要があるのです。

6月 20th, 2015 by admin

投資初心者の第一歩はいつ? »

投資初心者に取って、株式投資というのはなにか恐ろしいもののように考えられがちです。確かに株式投資はやり方によっては膨大なリスクを生み出す性質を持っています。例えばショート取引(売り注文)から入る取引を行った場合、失敗した際のリスクは青天井に大きくなるため、最悪すべての財産を手放すようなことになってしまいます。ただ、これはあくまでも危険な取引に自分から足を突っ込んだ場合で、リスクを抑えた取引であればこのようなことは起こりません。 株式投資を初めるのには、タイミングというのも重要になります。株式相場の変動の状況によって、成果を上げやすい相場の時とそうでない時があるためです。例えばここ数年なら、リーマンショック直後から政権交代までの間は成果を上げにくいタイミングでした。乱高下が起こる市場になっていたためです。その後、再びの政権交代からアベノミクスの実施により相場は上昇に安定している状況で、現在は投資が行い易い状況となっています。 株式投資初心者が一緒に読みたいコンテンツはこちらにもあります。こちらでも同じく株取引を初めるのに適切なタイミングについて考察がされています。円相場の動きや株式相場の動きなどに注目して判断をするのが良いでしょう。

10月 16, 2015 by admin | No Comments »